「さわやか」のハンバーグは静岡に行ったら絶対食べるべき【超絶おすすめ】

もうだいぶ前になりますが出張で静岡に行くことが多かった。静岡の名産と言えば「お茶」や「わさび」それに「桜えび」とか「生しらす」変わったところだと黒はんぺんを使った「静岡おでん」などが有名。おみやげには「うなぎパイ」ですかね。

 

f:id:bollpengin:20180820143419j:plain

グルメ・おみやげ/ハローナビしずおか 静岡県観光情報

 

ところが実は静岡県民が愛してやまないファミレスがあるんです。

それがハンバーグが滅茶苦茶おいしい『さわやか』なんです。10年くらい前に行ったのが最後。静岡駅の北口方面を少し歩くと「ここは歌舞伎町?」と思うほどのネオン街。当時は仕事終わりにそちらに飲みに行くのが恒例となっていた。

 

 

その時はまたちょっと違うメンバーでの出張。それでも夜は当然のように飲みに行こうと約束。しかし「ハンバーグ食べてからにしよう」「ぼーるさんに紹介したい店がある」って言われる。

「え?これから飲みに行くのに先にご飯食べちゃうの?」気は進まなかったがせっかくのお誘いなので飲みに行く前に『さわやか』というハンバーグ屋へ。

 

「なんだ!ファミレスじゃない」と心の中で思ったが食べてビックリ。今までに食べたことのない美味しさ!その後もう1度来店する機会が出来たのだがそのときはちょっと安めのハンバーグを注文。美味しさが全然違ってやっぱり前に食べたこのお店の看板メニューであるハンバーグを食べるべきだったと後悔しかなかった。

f:id:bollpengin:20180820144025j:plain

https://www.genkotsu-hb.com/

 

前置きが長くなってしまったがこの夏休みに家族旅行で箱根の仙石原へ。ここは何度か宿泊したことがあるのだが夕食と朝食は無し。室内で料理ができるようになっている。

なので食料の買出しが必須なのだが数年前に泊まったときに御殿場のスーパーの近くにこの『さわやか』があることを発見。その時は買出しの後だったので食べることが出来なかったので今回は『さわやか』でハンバーグを食べることだけが目的と言っても良いくらい気合が入っていた。

f:id:bollpengin:20180820143321j:plain

 

夕方近くにチェックインするとさっそく宿の若いお嬢さんに『さわやか』のことを尋ねると驚きの言葉が・・・

「あそこはすごく美味しいですよ~」

「でもすごく混むんです」

「今日なんか3~4時間待ちかもしれないですよ~」

 

げげっ!調査不足だった!そんなに?

確かに世の中が夏休みに入る土曜日。混むのかぁ~

 

『さわやか』は県内各地にあるらしいが中でも御殿場店は一番人気で待ち時間が長いと言う。

 

さっそく出かけて整理券を取るとやはり2時間半待ち。それでもリアルタイムにスマホで待ち時間が見られるらしいので翌日の朝食などの買い物をして1度宿に戻る。お店と宿は車で40分くらいかかるんです。

かみさんは入らないと言うので自分だけとりあえず温泉に入って汗を流して部屋に戻るとあと1時間くらいになっていた。すぐに出発。

回転が早いのかな。店に着く直前にスマホの表示は「呼出しています」

ほぼ同時にお店に到着するも駐車場がいっぱい。駐車場の係員に事情を説明すると「それならここへどうぞ」と身体の不自由な人専用の所に車を停めさせてくれた。

「ありがとう~」

でやっと店内へ。

 

待合室コーナーには人があふれると同時に煙がここまで流れてきている。

しかしすぐに席に通され注文をするがかみさんは「ステーキも美味しそう」

「ダメダメ!1回目は絶対これ食べて!」

そうここの一押しは【げんこつハンバーグ】今日はかみさんが何と言おうとこれを食べさせる。どこに行っても2人が同じものを注文することは無いのだが今日は違う。自分も同じくげんこつハンバーグを注文。

 

 

注文を終えるとまずこれが用意されます。この紙が重要なんです。

f:id:bollpengin:20180820144241j:plain

 

 

周りを見渡してもみんなげんこつハンバーグを注文しています。

f:id:bollpengin:20180820144304j:plain

 

 

そしてこちらがテーブルにセットされます。

「危ないので触らないでくださいね」店員さんに厳重注意される。

このとんがったすんげーのも後々活躍します。

f:id:bollpengin:20180820144332j:plain

 

 

まずはセットのサラダ到着。ペロリと食べちゃいました。

f:id:bollpengin:20180820144350j:plain

 


 


店員さんがあまりにも素早いので写真撮れなかったのですがまん丸のげんこつハンバーグが登場。すると最初に持ってきた紙で自分をガードします。油やソースが跳ねるのを防止するためです。そして両手で紙を立てて飛び跳ね防止が完了するとすぐにあのとんがったすんげーのでまん丸のハンバーグを半分に切り始めます。

f:id:bollpengin:20180820144407j:plain

 

 

そして切った中側を鉄板に押し付けてジュージューと良い音を立てて目の前でさらに焼きます。

f:id:bollpengin:20180820144427j:plain

 

ギュギュっと押し付けてます。

f:id:bollpengin:20180820144441j:plain

 

 

ソースも店員さんがかけてくれます。ちなみにソースは「オニオン」と「デミグラス」があるのですが地元人に言わせるとデミグラスは邪道だそうです。うちも2人してオニオンを選択。

完成形がこちら

f:id:bollpengin:20180820144539j:plain

 

 

ソースがかかっちゃって少し画がキレイではないが断面図がこちら

f:id:bollpengin:20180820144620j:plain

 

普段ステーキ食べる時には必ず「ウェルダンで」とお願いするくらい肉は良く焼いたほうが好きなのだがここのハンバーグはこれが一番!これでないとダメ!

 

とにかく肉の美味しさがあふれ出す。最近ステーキが食べられなくなってきたのだがこのハンバーグはステーキのような触感もあるのだが全然違う。

 

「あ~これだ~」

肉より魚派の自分もこのハンバーグを食べられることに幸せを感じましたね。

かみさんも大満足だったようで「こっちに旅行に来たら必ずこの店に来るようにしよう」などと言う始末。

f:id:bollpengin:20180820144649j:plain

  

でも本当にこれを食べるためだけに来ても良いと思えるくらいの美味しさ。今回宿と40分の道のりを2往復したけどそれだけの価値がある食事だったと思う。

 

ハンバーグにしては少しお値段が張るけど絶対おすすめ!

静岡県のチェーン店【炭焼きレストランさわやか】のハンバーグ!

ちなみにおにぎりハンバーグと言うのもあるのだがどこが違うのかを聞いたら量が違うだけのようです。

げんこつハンバーグ:250g

おにぎりハンバーグ:200g

f:id:bollpengin:20180820144720j:plain

店舗一覧はこちら

https://www.genkotsu-hb.com/shop/