ぼーるだよ

!!! 鬼嫁愛 !!!

伊東園ホテルの夕飯はまるで地獄絵図!食べ始めるまで30分もかかった

伊東園ホテル知ってますか。1泊2食付で365日同一料金。しかも低価格。さらに食事はバイキングで食べ放題。もっとすごいのが生ビールを含むアルコールやソフトドリンクまで飲み放題。

ホテルや旅館は旅行シーズンになると宿泊料金が高くなるのが一般的だがそういう常識をくつがえした東日本を中心に展開するグループです。

時期によってカニ食べ放題とか、ローストビーフ食べ放題とかやっています。貧乏一家からするとなんだか魅力しかないです。

こんなこと聞いたら良い事尽くし。旅行も”なるべくリーズナブルに”と考えているお貧乏なうちなんか魅力感じちゃいます。実は2度ほど宿泊したことがあり今回3度目の宿泊をしてきました。(すべて違うホテル)

f:id:bollpengin:20180417091106j:plainf:id:bollpengin:20180417091119j:plain

ゲームコーナーにはレトロなパチンコ台や卓球台も。

無料でカラオケも出来ます。

スポンサーリンク

夕飯は2部入替制

ネット予約画面などには書かれていないことが多いのですが夕飯は入替制です。

最初の人たちは17:30~19:00。その次が19:30~21:00です。チェックインの時に希望を聞かれて選べるのですが17:30って早くないですか?天然温泉なので食事前にお風呂に入りたい。でも17時近かったら食事まで30分しかない。
今回は早くにチェックインしたので17:30からの部にしました。早く食べてその後ゆっくりしたいと思ったのです。

いくつもの宿泊プランがあっても全部同じ

今回の旅行、実は急に決めたんです。前もって調査などしなくて「安く泊まろう」ってだけ。じゃ伊東園ホテルがいいかって。
ネットで探すと今回泊まろうとするホテルにはちょうど『うに・いくら食べ放題プラン』『とちおとめ(イチゴ)食べ放題ブラン』がありました。過去に2度宿泊していてもあまり記憶に残っていないのでかみさんは「絶対とちおとめ食べ放題プランで予約して!」

はいはい。わかりました。
ってことでそのプランで予約したのですがチェックインして夕飯の場所を聞いても1か所。つまりどのプランで予約しても『食べ放題』はどちらも出来るんです。関係なかったんです。

夕飯はまるで戦争!

「並ぶだろうから早めに行ったほうがいいんじゃない?」と提案したもののかみさんは「席が無いってことはないでしょ」ってな感じでぎりぎりに食事処に向かう。するとそこにはすでに長蛇の列。結局うちは最後から2番目でした。

宿泊プランに料金プラスでステーキとかしゃぶしゃぶとか追加オーダーすると席が予約になり優先的に入場できます。これはホテルの策略ですね。ここで早めに入場するのとしないのとでは雲泥の差がでることをこの後知ります。

「中に入ったらまず席を確保してそれから食事を取りに行ってください」従業員が大声で説明するのが聞こえました。

ここで思い出したのですが前に泊まったときは早めに行って入場も最初のほうだったんです。だから後ろにこんなに並んでいるなんて知らなかったんです。伊東園ホテルはたくさんあって、人気があるホテルとないホテルがあるんだと思います。今回行ったホテルはきっと評判が良いのでしょう。

追加オーダーしてある人たちの入場が終わってもなかなか中に入れません。
「なんだよ。もう時間過ぎてるじゃねーかよ」どこかでおじさんが叫んでいるのが聞こえました。イライラしている様子。いや~な予感・・・

そして並んだ人たちが徐々に入場するのですがうちらが入ったときにはもう何が何だかわからない状態でした。人があふれかえってまず席が探せません。食べ物・飲み物を取りに行く人たちばかりで前が見えないんです。それでもテーブルが全部埋まるわけではないのでなんとか席を確保。

食事を取りに向かおうとすると途中でおじさんが怒鳴ってる「ここは俺が取ってた席だろ。これ置いてあるじゃないか」

やべーよ・・保養に来たのになんでケンカみたいなの見なきゃいけないの???

気を取り直してバイキングの食べ物を取りに向かうも『食べ放題』のはずのうにもいくらもコーナーにはもう無い。

「すぐに持ってきますから」従業員は大声で言っています。

じゃ後でいいか!と他のお刺身とかのコーナーに向かうも
とにかく人・人・人

ふと生ビールのコーナーを見ると大行列。もともと食べ物を持ってきてからビールを取りに行こうと思っていたけど光景を見てゲンナリ。

サラダと子供が食べそうなものを少し取っていったん席に戻りあらためて食べ物を取りに行くも、小鉢に乗せられたうに・いくらは置かれた瞬間にみんなが3つも4つも持っていくのでまたも有りつけず。

刺身も天ぷらも人気があるものは出されたと同時に次から次へと誰かの手に渡っていく。そうです!食べ放題バイキングと言いつつも伊東園ホテルの夕飯はまるで戦争みたい。他人を押しのけて食べ物をゲットしないと食べたいものが食べられない状態だったのです。

スポンサーリンク

人の波が落ち着いてきた頃には人気の食べ物はほぼ空。どこにでもあるような煮物やお惣菜が残っているくらいです。とは言え自分たちもなんとかうにもいくらも数皿食べることはできました。もう1つの『食べ放題』となっていたとちおとめは家庭菜園で作られたような小さくて赤みも少ない、お世辞にも上等とは言えないものでした。次の日にスーパーで見たパックに大盛りで290円で売られていたとちおとめのほうがよほど良いもののように思えました。


f:id:bollpengin:20180417113226j:plainf:id:bollpengin:20180417113220j:plain

やっと落ち着いてきたときにはこんな状態です。

ある程度食べ物をテーブルに揃え飲み物も持ってきて食べ始めたのは夕飯開始から30分かかりました。
それでも生ビールも結構飲めたし最終的には食べ過ぎかと思うくらいお腹に入れて満足して食事処を後にしました。
f:id:bollpengin:20180417114924j:plain

決して不味くはない

口コミを見ると伊東園ホテルの食事がまずいと出ているものもあります。でも食事は決して不味くはないです。朝食もバイキングでこちらは2部制ではないので好きな時間に行くことが出来ます。種類が多いので偏食ぎみの人でも自分の好きなものを選んで食べることができます。

最近のビジネスホテルは朝飯がバイキングで付いている所が一般的になっていますがそれよりも全然良いです。

また夕飯の話しに戻りますがメインの食事も美味しかったです。カレーはカレー好きなかみさんもお墨付き。パスタや焼きそばなどの麺類も普通に美味しい。蕎麦やうどんもあるし今回は鯛めしがあり出汁をかけて鯛茶漬けにして食べることもできました。

・家事を離れてゆっくりしたい。
・安く2食付きの宿に泊まりたい。
・とにかく飲みたい。

こういう旅行をするのであれば【伊東園ホテルは有り】だと思います。

最後に今回宿泊した伊東園ホテルの紹介です。

伊東園ホテル塩原
大人1泊2日:¥8100(税込)
夕飯・朝食:バイキング食べ放題飲み放題
(アルコール類は夕飯のみ)
2017年12月23日館内リニューアルオープン

なお2018年10月より料金改定があるようです。
また現在2泊3日で¥12000(税別)のプランもあります。
↑これにしようか迷ったけどもう1泊は別の所にしました。