お医者さんがインフルエンザにかからない理由

f:id:bollpengin:20180202151025j:plain
うちのかみさんのお母さん(お義母さん)は知らない人とでもすぐに話しが出来ちゃう人。うらやましいです。それに家でゆっくり休むこともほとんどしない。一度脳梗塞で入院したのですが回復し元気になった今はまたあちらこちらに出掛けています。


うちのチビの保育園の行事があるとかみさんは大抵呼ぶんですが先に予定が入っていなければ必ず来てくれます。住んでるところは結構遠いんですけどね。

かみさんは兄弟姉妹が多いんです。だから孫も多い。でもってそれぞれの孫の幼稚園や学校の行事もお義母さんはほとんど行っている。義姉のところなんか高校生なのに高校の運動会まで見に行くくらいです。

高校の運動会なんて親も行かないかと思ってたけどどうなんでしょうかね。

f:id:bollpengin:20180202151009j:plain

ところで先日そのお義母さんが内科にかかった際に先生に聞いたらしいんです。

「どうしてお医者さんはインフルエンザにかからないんですか?」

これは同じこと思ってました。毎日何人何十人のインフルエンザの人と対面してすぐ近くで話しをしているのになんで医者はインフルエンザをうつされないんだろうって。

自分のことを言えば毎年インフルエンザの予防接種を受けています。この時期は日中はほぼマスクもしています。ずっと平気だったのですが昨年15年くらいぶりにインフルエンザにかかりました。予防接種受けているとかかっても症状が軽く済むなんて聞いたことありますが結構重症だったと思います。数日間高熱が続きましたから。

スポンサーリンク

お医者さんが言うには
「常にのどを潤す。それだけで違うんです」

だそうです。


こまめに水分補給して常にのどが乾かない状態にすることを心掛けているとのことです。

もっとすごい秘訣でもあるのかと思っていたので少しがっかり。でも逆に言えば自分たちも簡単にできることなんですね。

今回聞いたのはこんな感じでのどが乾かない状態でいるってことだったんですけどどなたか他にも良い方法があったら教えてください。