ぼーるだよ

!!! 鬼嫁愛 !!!

子育てにイライラしても良い!一番は夫婦仲が良いこと!

f:id:bollpengin:20171227131042j:plain
熱心な俺のストーカーの全国30万人の方々はご存知と思いますが(笑)バツイチ再婚です。前妻との間にはすでに成人の子供が2人。そして再婚の今のかみさんとの間にまだ小さい子供がいるので実質2度目の子育て中であります!

石田純一殿のようなカッコよさもお金もないけど歳の離れたかみさんがいることだけは共通です。歳をとってからの子育ては正直苦痛です。言うこときかないし自分のしたいように振る舞う子供。身の危険や病気にも気を付けないといけないし食べ物にも気を遣う。

丸1日子供の面倒を見るなんていったら正直ヘトヘトです。

スポンサーリンク

前妻の子供の話し

1回目の結婚は大失敗!ケンカ続きの毎日で家で生活することが苦痛でした。俺は学生の頃から子供が好きで自分の子供が欲しかった。結婚して子供ができたら嬉しくて嬉しくて土日のたびにどこかに出かけたりしてました。でも前妻とはうまくいってなかったのでいつも子供と俺だけです。

ある日前妻も含めて4人で歩いて出かける用事があったときのことです。下の子供がまだ小学生低学年だったかと思います。
いつもいない母親も一緒なのがよほど嬉しかったのか、右手に俺の手をつないだ後に一生懸命左手を前妻の手につなごうとします。右手に父親、左手に母親、両方の手をつないだのです。

前妻は明らかにいやな顔をしたのですが手をつないだ下の子供はとても嬉しいようではしゃいでいました。それまでも家の中で2人がケンカする様子はいつも見ていたと思うのですが子供にとってはそんなこと関係ないんでしょうね。

自分が小さい時の記憶

子供の頃の両親の記憶で非常に印象に残っていることがあります。原因は知りませんが父親が母親を殴り、その勢いで母親が床に倒れたのです。自分が何歳の時なのかは覚えていませんがその一件で『父親は母親より力が強い』とわかった瞬間でした。
そしてもう2度と見たくない光景でもありました。

今でも覚えているくらいなので結婚したあとは『子供に夫婦ケンカを見せてはいけない』常にそう考えていました。しかし前妻の家でのふるまいはとんでもなく結果的に幾度となく子供たちに夫婦ケンカのシーンを見せてしまいました。
www.rikon-saikon.site

結婚に理想を抱かないことが必要

まじめな人やミスを許せない完璧主義者な人は結婚生活や結婚相手に
「結婚とはこうあるべき」
「妻はこうあるべき」
「夫はこうあるべき」
などと頭の中で理想を描いてしまいます。
1度失敗している俺が言うのも説得力はないかもしれない。でも1度失敗しているからわかることだけど結婚生活はゆるゆるでいいと思うんです。

部屋の掃除が行き届いてなくても良いのではないでしょうか。
料理が手抜きでも良いのではないでしょうか。

相手のミスや手抜きを指摘してばかりでは家庭から笑顔が消えてしまいます。家庭は楽しくなければいけないと思うんです。育ってきた環境も違うし食べてきた物も味も違うので夫婦生活は簡単なことではないとは思います。
でもだからこそゆるゆるでいいと思うんです。

スポンサーリンク

子供は父と母の間にいたがる

1回目の結婚と違って今はとても夫婦仲良しです。かみさんはその日あったことを何かしら話してきます。無口なほうの俺もそれにつられて話すので毎日たくさんの会話があります。子供はいつも自分が中心になりたがります。夫婦で話していると必ず間に入ってきて「パパとママだけで話さなくてもいいんだよ」と自分に話しかけるように仕向けてきます。それがおかしくてまた笑いが起こります。

子供は常に父親と母親の間に居たいようですね!

子育てに決まりはありません。ノウハウ本を読んでもその通りになんかなりません。
家庭には家庭の事情があって子供の教育方針を決めている親もいるかもしれません。「うちの子は絶対に良い学校に行かせる」と言う方針の家もあるかもしれません。勉強をしなくて親がイライラする毎日の家庭もあるかもしれません。でも見ていないようで子供は親を見ています。子供が一番うれしいのは両親が仲良しであることです。

【子育てにイライラしても良い!一番は夫婦仲が良いこと!】

断言します!


スポンサーリンク