ぼーるだよ

!!! 鬼嫁愛 !!!

俺を利用して買い物しようとする妻

bollpengin.hatenablog.com

↑ の通り俺の使う(使える)お金はごく僅か…

たくさん水分を摂るほうなので500mlのペットボトルは必須。



今まで毎日1本はペットボトルを保冷ケースに入れて出勤してたがこう暑くなってくると1日1本で足りなくなる。

かと言ってもう1本持っていってもぬるくなって飲む気が起こらない。


かみさんが「クーラーボックス買えば?」


なるほど…
車通勤だし、
クーラーボックスに保冷剤入れてペットボトルを1~2本入れればOKじゃん。



さっそくネット検索。

迷う…
決められない…


「買った?」
いや、まだ…


「決めた?」
ん?まだ…


「どうすんの?」
うん…


煮え切らない俺に気が短いかみさんがイライラし始める。

『買うのと使うの俺だから。ゆっくり選ぶよ』

これを聞いて買い物大好きなかみさんが黙ってるわけが無い。

「なんで?決めちゃえばいいのに」
「選んであげようか」
「この前買うって言ってたラグはどうしたの」
「それもまだ買ってないじゃない」


は?今ラグ関係ねーし。



と、言えるわけもなく…

俺はまたスマホに目をやる。


スポンサーリンク




「さっき見てた折り畳めるのよりがっしり硬いほうがイイよ」
「ちょっとした旅行でも使えるし」



彼女は自分の使い易いものを俺に買わせようと必死だ。

俺が日常使うということはもうすっかり頭にない。


「ついでに最近調子悪いから掃除機も買っちゃってよ」
「コードレスで充電式のやつね」


いや…
掃除機はクーラーボックスのついでに買う品物ではないはずだ。

スポンサーリンク